企業詳細

株式会社ハマダセイ

食品屋さん
住所

〒669-6541 香美町香住区境1124

TEL

0796-36-0668

仕事内容

かに・いかをはじめとする魚介類の加工・製造・卸販売 かに味噌(缶詰・瓶詰・パック)商品の加工・製造・卸販売 かに・いか・えびをはじめとする魚介類のギフト商品の加工・製造・卸販売

先輩社員に聞いてみた

\ 答えてくれた先輩 /

松本広志 さん

2020年入社(香住高校卒)

香住港の近くに建つハマダセイの本社。隣には直売店もあります。カニの缶詰やカニみそなど、水産加工品を製造・販売するこの会社では、この春高校を卒業したばかりの若手さんに学生時代のお話からお伺いしました!

ー 松本さんの学生時代はどんな学生でしたか?

(松本)香住で生まれ育ち、高校も香住でした。高校時代は数学の勉強が好きでした。正解は一つしかないけど、解き方はいろいろあるというところが、面白いなと感じていました。
高校ではフォークソング同好会に入って、ギターを弾いていました。J-POPはなんでも幅広く演奏していましたね。3年生の文化祭ではMONGOL800の「小さな恋のうた」を披露しました。

ー 松本さんは地元で就職することを考えておられたんですか?

(松本)高校を出たら地元で就職すると決めていました。役場に勤めている兄が、子どもの頃から「大きくなったら役場で働く」と言っていて、その夢を実現したのを間近で見ているので、その影響もありました。

ー その中で、ハマダセイさんに入社されたのは?

自分は人と触れ合うのが得意な方ではないので、営業職や製造職ではなく事務職を希望していたんですが、地元では事務職の募集があまりなくて、苦労しました。なかなか決まらない中、この会社の事務職の募集があり、受けさせていただきました。

ー 松本さんの今のお仕事は?

(松本)メインは事務職で、伝票などの書類作成や売上管理です。また、インターネットショッピングのページの作成や管理も任されています。高校時代に情報処理の勉強もしたので、会社の面接で「パソコンできます!」とアピールしたのですが、WEBページを作ったことはなかったので、一生懸命勉強しながらやっています。レイアウトなど、まだまだ上達しないといけませんし、完成度を上げていくのは自分次第だと思っています。

ー 実際に会社に入ってみて、どうですか?

(松本)高校時代まではほぼ同級生としか接点がなかったので、「上下関係」というものに経験がなく、そこに気を遣うことに最初は戸惑いを感じていました。でも、高校を出たばかりで右も左もわからない状態から周りの方が親切に教えて下さり、いいところに就職できたと思っています。社風がとても柔軟というか、「まずやってみる」というところがあって、新入社員の意見も聞いてもらえますし、新製品ができたらみんなで試食したりとか、とても楽しく仕事をさせていただいています

!上司から一言

松本さんはすごく真面目で、物覚えが早いです。事務職の仕事の幅は多岐にわたり、注文の処理などの書類の作成だけでなく、写真入りの企画書やネットショッピングのページなどもきれいに素早く仕上げてくれて、すでに貴重な戦力です。覚えが早いので、まだまだ伸びしろがあると期待しています。

\ 松本さんから後輩たちへのメッセージ /

がんばってほしいのは、趣味に本気になってほしいということです。それは自分の付加価値にもなりますが、今の時代、趣味が仕事に結びつく機会って、案外あると思うんです。本気で趣味に取り組むと、きっと自分にとってプラスになるんじゃないかと思います。

!取材を終えて

本当に真面目そうな松本さん。まだ高校を卒業して半年とは思えないほど、しっかりした口調で思いを語ってくれました。今後の期待が大きいとされるネットショッピングを背負うのは大変でしょうが、がんばって成長していって下さい!

※この記事は2020年10月に取材したものです。

質問・感想

紹介した企業への質問や感想があれば教えてください。
※質問内容は、配信フェアTAJIMATUBEで引用される場合があります。
 
 

株式会社ハマダセイ