企業詳細

全但バス株式会社

地場産業屋さん
住所

〒667-0021 養父市八鹿町八鹿113-1

TEL

079-662-2136

仕事内容

一般乗合自動車運送事業、一般貸切旅客自動車運送業、 国内・海外旅行業、損害保険代理店業、各種運行管理受託業、 航空運送代理業(但馬空港)、施設受託運営

先輩社員に聞いてみた

\ 答えてくれた先輩 /

片岡泰章 さん

バス事業部 乗合事業課

2016年入社(豊岡総合高校~大学卒)

但馬地方ではみんながお世話になっている、全但バス。バスだけでなく、幅広い業務を展開しています。ここでは入社5年目の片岡さんに高校時代のお話からお伺いしました!

ー 片岡さんの学生時代は?

(片岡)香住から豊岡の高校に進み、学級委員や生徒会活動に一生懸命取り組んでいました。2年生の文化祭で、クラスごとのステージ発表で自分が中心になってクイズ大会を企画して、優勝したのがいい思い出です
大学では経営学部に進みました。もともと商業とか経営系に関心があったのですが、マーケティングのゼミや併せて学んでいた物流分野でいい先生に出会って、さらに興味が深まりました。一方で教えることも好きだったので、教職にも興味を持ち、商業系の教員免許を取得しました。また、旅行も好きだったので、写真を撮りながら日本全国を旅しました

ー 片岡さんの就職活動はどのように行われたんですか?

(片岡)分野としては、観光・旅行や交通関係、または物流・流通分野に進みたいと思っていましたが、正直、いろいろ悩みました。最初は、自分には都会の方が合っているのではないかという思いもあったのですが、大学時代に周囲の人に城崎温泉や竹田城等の観光地や、カニや但馬牛なども有名な但馬の出身だと言うとみんなに羨ましがられて、住んでいるときには気づかなかった但馬の魅力に気付かされたのも事実でした

ー そうした中で、この会社に入られたきっかけって?

いろいろな企業を調べているうち、全但バスはバス事業だけではなく旅行事業や空港の業務受託など、幅広い分野で事業展開をしていることを知りました。ここなら自分のやりたい仕事をできるのではないかと思い、こちらに決めました。

ー 片岡さんの今はどんなお仕事を?

(片岡)バス事業に関する国土交通省など関係機関との調整や、運行ダイヤに関すること、広報やWEBサイトの対応などが主な業務ですね。時にはイベントの企画・運営や旅行商品を作ることにも携わることもあります。

ー 実際、したかった仕事をできていますか?

はい!どれも入社前からやりたかった仕事なので、いろいろな仕事をさせてもらっているのは、楽しいですね。「たじまわる」のように、自分が計画して、国土交通省への手続きなども手掛けたバスが実際に走り、お客様に乗っていただいているのを見ると、嬉しいです。

ー 片岡さんが仕事をする上で大切にしていることは?

(片岡)「従業員満足(ES)あっての顧客満足(CS)」という言葉を大切にしています。働いている人間が苦しみながら仕事していても、お客様に喜んでもらえる仕事はできないと思います。とりわけ、後輩が働きやすい環境を作ることで、若手の発想を引き出して一緒に成長できたらと思っています。
このことは、「共に力を合わせてESとCSの向上に取り組みます」という言葉で、全但バスグループの新たな行動指針にも反映されました(笑)

ー 凄いですね!ちゃっかり会社を動かしてもいるんですね!笑

!上司から一言

片岡さんは、常にお客様に意識を向けた営業活動を行ってくれています。何事にも積極的に取り組み、チームでは中心的な役割を担ってくれています。

\ 片岡さんから後輩たちへのメッセージ

高校生や大学生には、好きなことを見つけて、やってほしいと思います。私も旅行好きで全国各地を回りましたが、行くにあたってはどこに行くかを考えて、しっかり計画をたてないといけない、そんな経験が今でも生きていると思います。そして、広く世の中を見てほしいです。

!取材を終えて

「仕事を抱え込みすぎて、かえって迷惑をかけているかも」と笑う片岡さん。その笑顔には、自信と充実感がみなぎっていました!

※この記事は2020年10月に取材したものです。

質問・感想

紹介した企業への質問や感想があれば教えてください。
※質問内容は、配信フェアTAJIMATUBEで引用される場合があります。
 
 

全但バス株式会社